事業者への損害賠償請求について

Q&A

1.加水分解小麦アレルギーについて
2.悠香との交渉について
3.調査受任について
4.事業者への損害賠償請求について

4.事業者への損害賠償請求について

Q 慰謝料は,どの程度の金額になりますか。金額が決まる目安は何ですか。
A  現在検討中です。金額の目安は症状の重篤性や後遺症の程度等が基準になってくるかと思われます。

Q 医療機関を一度受診してそれ以降小麦を避けているので,通院はしていません。それでも損害賠償請求出来ますか。
A 小麦を摂取できなくなり,食事制限を強いられたことによる慰謝料請求が可能であると考えています。

Q 姪から茶のしずく石鹸をもらって使い始めたので,買ったことの証拠がありません。また,通院した際の領収証等もありません。それでも請求できますか。
A  買ったことの証拠に関しましては,姪の方の同意を得て悠香に取引履歴を請求出来ると考えられます。また,領収証等医療機関の資料は再発行が可能です。
 ご自身でそろえて頂かなくとも,受任弁護士が代わって請求することができます。

Q おそらく茶のしずく石鹸でのアレルギーと思われるのですが,症状自体はまだ発症していません。それでも損害賠償請求出来ますか。
A 小麦アレルギーは,すぐに発症する方と発症までに長い時間がかかる方がいらっしゃいます。未発症でも請求出来るか今後検討していきます。

Q 裁判になったら確実に勝てますか。
A  絶対に勝てるとのお約束は出来ません。ですが,私共弁護団としましては,十分な立証をもって裁判に臨みます。

Q 裁判には,どれくらいの費用がかかりますか。
A  私共弁護団に依頼をして頂く際には,弁護士費用として3万円を頂きます。その他に裁判所に納める訴訟費用がかかります。
 その後,裁判で勝訴した場合には,報酬金として実際の勝訴額の20パーセント上限とした額を頂きます。

Q 訴訟費用とは何ですか。
A 裁判所に訴訟提起するために納める裁判所の手数料のようなものです。郵便切手約6000円。その他に収入印紙で手数料を納めます。手数料の額は請求額によって異なります。
 裁判所のホームページに算定表がありますので,ご覧頂ければと思います。
 http://www.courts.go.jp/saiban/tetuzuki/pdf/hayami.pdf